幻の黒豚と称される鹿児島沖田牧場の厳選された黒豚肉を御堪能ください。

沖田牧場について

沖田黒豚牧場の歴史

日本では養豚業に限らず、一般の農家でもほとんどが黒豚を飼っていましたが、高度経済成長期になると、大型で肉がたくさんとれ繁殖率のいい白色のランドレース種や大ヨークシャー種が全国的に導入され、効率の悪い黒豚から変更する方々が増え、黒豚の飼育は衰退の一途をたどりました。
当牧場でも昭和40年代には一時、飼育豚の8割を白い大型種に替えたこともあります。

しかし、豚肉の輸入自由化が始まり、状況は変わります。

このままのやり方では量と価格で勝てない。当牧場の沖田速男は、「本当にいい物はきっとわかってもらえる。必ず”量より質の時代”が来る」と考え、黒豚に戻していきました。
また、豚は自然の中で育つのが一番と考え、黒豚の放牧も始めました。
大自然の中、のびのびとストレスなく育った黒豚は、肉がしまっていて非常に美味です。

どんなに厳しい時でも純血の鹿児島黒豚を絶やすまいと、創意工夫とこだわりを持って黒豚を作り続けた沖田速男の精神は、当牧場に生き続けています。

沖田黒豚牧場 略表

1960年 黒豚の養豚を始める。

1977年 豚の放牧を開始。
            試食した大手の業者より、「肉がしまっていてうまい」と好評価を得る。

1978年 日本農業賞 受賞

1985年 試行錯誤を重ね、オリジナルの発酵飼料を開発。

1988年 質の良い黒豚を求められる時代が必ず来ると将来を見据え、黒豚のみの養豚に切り替える。

1996年 内閣総理大臣賞 受賞

2000年 緑白綬有功章 受章

2005年 鹿児島県民表彰 受賞

同年     黄綬褒章 受章

DSC_8982

メディア

※テレビ
 「どっちの料理ショー」特選素材として、カツ丼・ラーメン・カレーパン等  「SMAP×SMAP ビストロスマップ」「はなまるマーケット」「おもいっきりテレビ」「ベストハウス1,2,3」「いただきマッスル」他

※出版物
 「南日本新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「読売新聞」「朝日ジャーナル」「週刊女性」「旅マガジンエピ」「日本の地城食材」「JAPAN(英語園向日紹介本)」他

お気軽にお問い合わせください。 TEL (直売店): 0995-28-2408
(レストラン): 0995-28-2098

Copyright © 沖田黒豚牧場 All Rights Reserved.